FC2ブログ

la boulangerie32の日記  平凡の中の非凡

No 97

シュトレン

ドイツの伝統菓子
IMG_1688.jpg

ドイツのクリスマス“Weihnachten”ヴァイナハテンは
約4週間前の待降節“Advente”アドベントの開始とともに準備が始まります。
街ではクリスマスマーケットが開かれ、樅の小枝で編んだ環の上に4本のローソクが立てられ
この頃、シュトレンも作られます。シュトレンの粉糖は聖夜に雪を表し、その形の由来には
飼馬桶、薪など幾つもの説があります。
クリスマスから数えて4回前の日曜日に最初のローソクに火を灯し
シュトレンを少しずつ薄くスライスして食べていきます。
4本のローソク全てに火が灯り、シュトレンを食べきると“クリスマス”を迎えます。


32のシュトレンは先週より販売しております
シュトレン・フリュイ¥1100
IMG_1703.jpg
レーズン・アプリッコト・プルーン・黒フィグ・クランベリー・レモンピール・スパイス
をラム酒でじっくり漬け込みました。
お酒の熟成された香りに自家製ルヴァンの独特な風味をプラスさせパンチのあるお味に仕上げました。
中心にはマジパンローマッセがコクとしっとり感をプラス

ラッピングの写真は東京の東中野の花屋さん On Flowersさんからお借りしました

ステキな仕上がりで気にいっております


ショコラ・ナッツ・シュトレン¥1100
IMG_1702.jpg

ダークチョコ・カシューナッツ・クルミ・アーモンド・オレンジピール・スパイス
洋酒3種類で浅漬け
中心にはガナッシュが仕込まれています
こちらはフリュイより食べやすく、お子様にも人気です

こちらのラッピングは32の外観をプリントしております
IMG_08891.jpg

今回は包装紙をオリジナルにしてみました
いかがでしょうか?
印刷協力・イシヨシくんありがとうございました


シュトレンの日持ちはクリスマスまで召し上がれるようにつくってあります。
なお開封後は冷蔵庫に保存の上、薄くスライスしてお召し上がり下さい。
スポンサーサイト




別窓 | 商品 | トラックバック:0
∧top | under∨

この記事のトラックバック:

∧top | under∨
| la boulangerie32の日記  平凡の中の非凡 |